【たぐいのほのぼの島日記】待ちに待った博物館完成!……一方ジョニーは?【あつ森】(ポケ森)

【たぐいのほのぼの島日記】待ちに待った博物館完成!……一方ジョニーは?【あつ森】(ポケ森)

あわせて読みたい

【たぐいのほのぼの島日記】待ちに待った博物館完成!……一方ジョニーは?【あつ森】

こんにちは。

プレイ日記を書かせていただいている、たぐいです。

あつ森を初めて数日、ようやくはんばーぐべん島に、博物館がオープンしました!

たぬきちたちのテントを除くと、初めての公共施設ですね。

プレイ日記第3回目の今回は、そんなお話です。

フータさんがはんばーぐべん島に移住してきました!

前回、おさらいを少し。

この島に興味がある博物館長のために(たぬきちのためじゃないですよ!)、たぬきちに虫や魚を5匹ほど渡したところ、なんと、その博物館長が実際に島にやってくることに。

博物館になる場所を決めて欲しいと頼まれ、テント用の道具を設置しました。

あとは、フータさんを待つのみ! というところまででしたね。

 

フータさんは次の日にやってきました。

これまでの虫と魚のお礼をもらい、さらに新種を寄贈して欲しいとお願いされます。

博物館を建てるためには、まだまだ生き物が足りないんだそうです。

あと、15匹必要だとか……。

 

そして、今回は、虫と魚だけでなく、化石も欲しいとのこと。

島には川が流れており、最初のうちは、川の内側でしか行動できません。

高跳び棒を作成できるようになると、それを使って川の向こうに渡れます。

川の向こうに化石が埋まっているはずだから、そちらも合わせて寄贈して欲しい、というお話でした。

↑虫をあげると怖がる博物館長

 

フクロウなのに、なぜか虫が嫌いな博物館長に(普段なに食べてるの?)、生き物+化石をどしどし渡していきます。

ちなみに、寄贈するときに、その生態や特徴などの説明を聞くことができます。

ちょっと話が長くて面倒ですが、内容が面白いので、ついつい聞いちゃいますね。

満を持しての博物館オープン!

15匹渡し終えた2日後、今までテントだった場所に、立派な博物館が建ちます。

早速中に入ってみましょー。

内装はこんな感じです。

ひ、広い……!

入ってすぐの場所も広いですが、左右と地下にそれぞれ展示室があり、そこも物凄く広いですね。

まだまだ展示品は少ないですが、これからも寄贈することで増えていくようです。

とにかく、ひと段落したので、あとの寄贈はのんびりやっていきますよー。

ジョニーがいつの間にか……消えた?(おまけ)

博物館のイベントをこなしている裏で、海辺で遭難しているジョニーと出会っていました。

海で遭難してしまい、仲間と連絡が取れなくなってしまったようです。

砂浜に埋まっているはずの通信装置のパーツ(全部で5枚)を見つけて欲しいとのお話。

 

3枚くらい見つかったところで、「あとでいっかー」と放置していたら、ジョニーがいなくなってましたw

その日のうちにやらないと、いなくなってしまうみたいですね。

まだ法則性がわかっていないですが、次を待ちますね。。。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

では、次回もお楽しみに!!

続きを見る(外部サイト)

ポケ森カテゴリの最新記事